TECHNOLOGYテクノロジー

トヨダトライク
安全と快適、3つのテクノロジー

SYNCHRO-
SYSTEM

シンクロシステム

※図中の車体につきましては試作段階でのものとなり、実車とは異なります。

「抜群の走行安定性を感じてほしい」

※図中の車体につきましては試作段階でのものとなり、実車とは異なります。

トヨダトライクのモビリティは名前の通り、3輪車(トライク)を言いますが、既成車との決定的な違いは、「前2輪+後1輪」という基本構造にあります。トヨダトライクには最大の特徴として、前2輪部分にはシンクロシステムを採用しました。それによって優れた運動性能と圧倒的な安定性を発揮します。

段差を乗り越える場合の
車体に伝わる高さ比較
【一般自転車の場合】
一般3輪自転車の場合
【シンクロシステムの場合】
シンクロシステムの場合

シンクロシステムとは、独自の技術で前2輪がチェーンを介して連動するサスペンションシステムです。
例えば、片方の車輪などが段差を捉えたとき、他方の車輪を押し下げる力が直ちに働き、両輪が常に均一に路面を捉え、転倒を防ぎ安定した走行ができるようになります。それにより、でこぼこの多い悪路や段差、濡れて滑りやすい路面なども、安全に快適に走行することができますし、もちろんカーブ等の走行時にも抜群の安定性を発揮し、ブレーキなどをかけた制動時にもそのパフォーマンスをいかんなく発揮します。さらに前2輪で段差の衝撃を吸収するため、車体に伝わる衝撃は逆に半分になりますので、快適な乗り心地を維持します。また、停止中や超低速での運転についても、抜群の安定性を保つことができ安心です。

段差 傾斜
シンクロシステム

トヨダトライク
安全と快適、3つのテクノロジー

OMEGA FRAME
SYSTEM

オメガフレームシステム

※図中の車体につきましては試作段階でのものとなり、実車とは異なります。

「拡張性とアレンジに富むΩ」

※図中の車体につきましては試作段階でのものとなり、実車とは異なります。

トヨダトライクのモビリティの前2輪+後1輪の車体に、サスペンションとサドルを効率よく結ぶために、Ω(オメガ)形状のフレームを採用しています。

オメガフレームの名称は、アシストモーターを下面に包み込んだ姿から命名し、スタイリッシュで洗練されたデザインとシンクロシステムとの融合を可能にしました。またハンドルやサドルを、用途に合わせて自由にアレンジできるボルトオン方式のサブフレームによって、優れた拡張性を実現しました。

オメガフレームシステム

トヨダトライク
安全と快適、3つのテクノロジー

SEMI-
RECUMBENT

セミリカンベント

「身体に優しく安心の
スマートポジション」

トヨダトライクのモビリティはセミリカンベントによる乗車姿勢を確保しています。

着座姿勢
着座姿勢
停車時
停車時

※図中の車体につきましては試作段階でのものとなり、実車とは異なります。

1サドル形状

セミリカンベントは、ペダル位置をやや前方に配することで、上体を起こして乗ることができます。サドル座面で加重を支え、ランバーサポート(背あて)によって、無理なくペダルに力を伝えることができます。そのため長時間の走行においても疲れにくくなります。

2視界良好

セミリカンベントによる着座姿勢は、前方の視界を広く保つことができ、急な歩行者の飛び出しや、障害物など、運転中の危機回避にもつながりますし、何よりも爽快感を得られることができます。

3負担軽減

運転中は、力を入れやすい状態でペダルを踏み込む事ができ、楽に走行ができます。そのため膝や腰骨へ負担も減り快適な走行が可能となります。さらに電動アシストモーターとの緻密な適合によって、上り坂道などの負担も十分に軽減できます。

4安心の両足着地

セミリカンベントのポジションは、サドル高を低く抑えることができ、ペダルを前方に配したことで、停車時に両足が地面に着地できます。

セミリカンベント

CONTACT US

豊田トライクに関するお問合せ、ご相談などはコチラからご連絡ください。

お問合せフォーム